so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

早朝散歩のすすめ<13>

植物専門書けば、
なる散歩勉強へとわる
 

植物の専門書を持ち歩けば、単なる散歩が勉強へと変わる。 | 早朝の散歩習慣のすすめ

 

え、なるほど」という感動は、

勉強に夢中になる第一歩です。

 

平凡なことであろうと、雑学であろうと、

そこに「へえ、なるほど」があれば、

すっと頭に入り、忘れにくくなります。

 

この感動は、

外で遊んでいると、簡単に体験できます。

 

どうすればいいのかというと、

植物の専門書を1冊買って、

野道を散歩するだけでOKです。

 

今まで手ぶらで野道を歩いているとき、

野道に咲いている草花を見て終わりでした。

 

たとえば「あじさい」を道端で見つけたとします。

 

「きれいだな」という感動はあっても、

そこに「へえ、なるほど」という学びはなかった。

 

しかし、植物の専門書があれば変わります。

 

あじさいを見つけたとき、

すぐ植物の専門書で調べてみましょう。

 

専門書というくらいですから、

植物の特徴や豆知識などが詳しく

書かれていることでしょう。

 

たとえば、

あじさいを例に専門書で調べてみました。

 
専門書による「あじさい」の解説
 

土の質によって、花の色が異なる。

酸性の土では、花の色は青になり、

アルカリ性の土では赤紫色になる。

 

咲き始めは白で、次第に色が変化することから

「七変化」ともいう。

 

梅雨の時期にはよく見られる。

 

気の利いた専門書であれば、

あじさいの豆知識も含まれていることでしょう。

  • 「へえ、なるほど。そうだったのか。

   知らなかったなあ。1ついいことを覚えたぞ」

 

今まで、単に「おや。あじさいだ。きれいだな」と

思っていた感動に加え「へえ、なるほど」が加わります。

 

これがいい。

 

興味に引かれ、感動するとはこのことです。

 

家に帰ってから調べてもいいですが、

できることなら、その場ですぐ調べたほうがいい。

 

気になっているときに調べて、詳しく分かるほうが

「へえ、なるほど」という感動も大きくなるからです。