so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

散歩の楽しみ方<13>

散歩
「メイン」にしない
 
「サブ」にしたほうがいい
  

散歩を「メイン」にしない。「サブ」にしたほうがいい。 | 散歩の楽しみ方に気づく30のポイント

 

 

きな人とデートをするとき

「待ち合わせの場所まで散歩をする」とは

言いません。

 

「待ち合わせ場所へ行く」と言うはずです。

 

待ち合わせの場所まで距離があっても、

好きな人とのデートであれば、

歩くことは自然と気にならなくなります。

 

それは、デートが「メイン」であり、

歩くことが「サブ」になっているからです。

 

デートをしているときも、

散歩をするとは言いません。

 

「カフェに行く」「映画を見に行く」

「ショッピングに行く」と言います。

 

それは「カフェ」「映画」「ショッピング」などが

「メイン」になり、歩くことが「サブ」に

なっているからです。

 

散歩を「メイン」として考えてしまうと

「歩くこと」ばかりを考えます。

 

すると、疲れや面倒さが強調されてしまう。

 

散歩の達人は、達人だからと言って、

散歩をメインにはしません。

 

サブにします。

 

サブにしたほうが歩くことを自然に楽しめ、

結果としてかなり歩くことになるからです。

 

  • 「何かを楽しもうとして、結果として歩く」

 

これが理想的です。

 

あなたは好きなことがありますか。

 

好きな人とのデート、

博物館巡りでもなんでも結構です。

 

「散歩をしよう」と思うより「デートにいこう」

「博物館巡りをしよう」と思うほうが、

自然なスタイルで散歩ができるのです。