読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

健康の為の散歩術<26>

自動販売機コンビニ利用すれば、
ペットボトル手間から解放される
 

自動販売機やコンビニを利用すれば、ペットボトルを持ち歩く手間から解放される。 | 健康のためになる30の散歩術

 

ォーキングをすれば汗をかき、

汗をかけば喉も渇きます。

 

そこで、ペットボトルを持参してウォーキングに

出かける人も多いのではないでしょうか。

 

500ミリのペットボトルであれば、

500グラムということになります。

 

気にしない人であればいいですが

「重いな。面倒だな」と感じる人もいることでしょう。

 

しかも長時間持ち歩いていると、

温かい飲み物や冷たい飲み物は、

だんだん生ぬるくなります。

 

こればかりはどうしようもありません。

 

そんなとき、おすすめの解決法があります。

 

自動販売機やコンビニを利用することです。

 

ウォーキングで長距離を歩いていると、

途中で自動販売機やコンビニがあることでしょう。

 

そうしたところを利用して、飲み物を買えばいい。

 

ポケットに飲み物を買えるだけのお金を入れておけば、

身軽で済みます。

 

飲み物は、健康のためにウォーキングをしていますから、

ソフトドリンクではなく、

水やお茶など選ぶようにしましょう。

 

自動販売機やコンビニの飲み物は、

温かい物から冷たい物までそろっているのが特徴です。

 

暑い夏には、冷たい飲み物。

 

寒い冬であれば、温かい飲み物。

 

これでペットボトルを持ち歩く手間から解放され、

ぬるくなったり冷めたりする問題も解決できます。