so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

健康の為の散歩術<20>

るにつれて、
運動量やさなければいけない
  

年を取るにつれて、運動量は増やさなければいけない。 | 健康のためになる30の散歩術

 

本的に、年を取るにつれて、

歩く歩数は必要です。

 

昔と変わらぬ食事量と運動量であれば、

年を取っても同じ体形が維持できるというのは、

間違いです。

 

食事量と運動量が変わらなくても、

年を取ると体形が崩れます。

 

老化による基礎代謝の低下があるためです。

 

基礎代謝というのは、安静にしている状態で

一定時間に消費するカロリーのことです。

 

年齢や性によって異なりますが、

日本人の成人男子で1日1,400キロカロリー、

成人女子は1,200キロカロリーが目安です。

 

消費できなかったカロリーは脂肪として蓄積され、

肥満につながってしまいます。

 

年を取ると多くの場合、体形が崩れやすくなります。

 

一時的に活性化させることもできます。

 

コーヒーや唐辛子などを使えば、

基礎代謝を一時的に高められることは有名です。

 

しかし、常にコーヒーや唐辛子ばかりを口にするのは、

現実としては難しい一面があるのも事実です。

 

基礎代謝の低下は、食事の量を減らしつつ、

運動量を増やすことで補うしかありません。

 

30代になれば、20代よりよく歩きましょう。

40代になれば、30代よりよく歩きましょう。

50代になれば、40代よりよく歩きましょう。

 

たくさん運動することで、

若いころの体形を維持しやすくなります。

 

年を取るにつれて、

たくさんの運動を心がけることが大切なのです。