so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

健康の為の散歩術<14>

なぜ、
第2心臓ばれるのか?
 

なぜ、足は第2の心臓と呼ばれるのか。 | 健康のためになる30の散歩術

 

臓」は、血液を体全身に送り出すポンプです。

 

心臓によって動脈へ血液を送り出します。

 

体全身を一周した後、

静脈を通ってまた心臓に戻ります。

 

心臓を経由して動脈を通して全身に送り出される、

という繰り返しです。

 

ちなみに人間の毛細血管を含めた血管すべてを

つなげ合わせると、なんと地球を2周半してしまいます。

 

それだけの長い血管を、小さな心臓1つから血を

送り出していますから、度肝を抜かれます。

 

血液には、酸素のほか、

数多くの栄養分を体全身に運ぶ役割があります。

 

血液の循環が活発になるというのは、

すなわち健康にも好影響があるということです。

 

人間は、両腕や両足を失っても生き続けられることが

できますが、心臓を失ったら最後。

 

心臓が止まれば、体全身の血液循環も止まるため、

即、死につながります。

 

そのため、体の中でも最も重要な器官の1つです。

 
§
 

さて、そんな心臓ですが、

体の中に実は「第2の心臓」があります。

 

どこかご存知ですか。

 

「足は第2の心臓」と言われます。

 

なぜでしょうか?

 

筋肉量には、上半身と下半身とで偏りがあります。

 

下半身には、全身の筋肉の3分の2が集まっています。

 

歩くというのは、主に下半身を動かす行為です。

 

つまり、歩くことは、

筋肉の3分の2以上を同時に動かすことになります。

 

「歩く」ことを過小評価しがちですが、

実は体の3分の2以上を一度に動かしていると聞くと、

印象が変わるのではないでしょうか。

 

全身の、3分の2以上の筋肉を動かすことで、

心臓のようにポンプの役目を果たし、

血液の循環がよくなります。

 

そのため「第2の心臓」と呼ばれています。

 

さらにもう1つ「心臓」と「足」とで

決定的に違う点があります。

 

心臓の動きは意識的にコントロールできないが、

歩くことなら意識的にコントロールできる点です。

 

心臓の動きは

「脳幹」と呼ばれるところが自動制御しているため、

意識的に動きを変えられません。

 

しかし、歩くことは意識的にできます。

 

ゆっくり動かしたり、早く動かしたりできるため、

コントロールが容易な心臓といえるのです。