so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

健康の為になる散歩術<06>

スポーツにかけるおは、
健康への投資であり、
医療費節約える
 

スポーツにかけるお金は、健康への投資であり、医療費の節約と考える。 | 健康のためになる30の散歩術

 

んなスポーツでもそうですが、

本格的に始めると、やはりお金がかかり始めます。

 

野球や水泳などは、

使用料金を支払う必要があります。

 

移動する手間があるので、

なかなか手軽にとはいきません。

 

その点、ウォーキングは、

維持費が少なくて済みます。

 

歩数計、ウォーキング・シューズ、ランニングシャツなど、

多少お金がかかりますが、

他のスポーツに比べれば経済的です。

 

そもそも、お金がかかるとはいえ、

大した金額ではありません。

 

ウォーキングに限った話ではありませんが、

運動に投下するお金は、必ず意味があります。

 

運動に投下するお金によって、

人生において多くのお金を節約できています。

 

運動をしなければ、筋力や体力がなくなり、

すぐ肥満になり、病気にもかかりやすくなります。

 

その治療費、病院へ通う手間などを考えると、

結構な金額になります。

 

しかし、運動を始めるとどうでしょうか。

 

肥満が軽減され、筋力や体力がつきます。

 

しっかり体を動かすことになりますから、

ストレス解消にも大きな効果があります。

 

ストレスが解消され、筋力や体力がつけば、

翌日は仕事をばりばりこなせることでしょう。

 

また運動は、五感も強く刺激しますから、

ぼけの防止に大きな効果があります。

 

運動による数多くの刺激によって、

健康な体を維持しやすくなります。

 

医者にかかりにくくなり、人生全体で見れば、

大幅な医療費の節約になるのです。