so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

早朝の散歩習慣<19>

気分によって、
散歩ペースわるのではない
 
散歩ペースによって、
気分わる
 

気分によって、散歩のペースが変わるのではない。散歩のペースによって、気分が変わる。 | 早朝の散歩習慣のすすめ

 

段から散歩をしていると、ふと、

散歩のある特徴に気づいたことがあります。

 

散歩の歩くペースによって、気分が変化することです。

 

ゆっくり歩いているときには、

リラックスした気分になれます。

 

速く歩いているときには、テンションが高くなり、

気分が高揚してきます。

 

なんとなく気づいている人も多いとは思いますが、

あらためて考えるとすごいことです。

 

  • 「これは使いようによっては役立つぞ」

 

どういうことかというと、

気分のコントロールが意識的にできるようになるからです。

 

気分を落ち着かせたければ、ゆっくり歩けばいい。

 

逆に、テンションを上げたいと思うときには、

早歩きで歩けばいい。

 

たったこれだけのことです。

 

これまで私たちは、気分の変化を、

自然の成り行きに任せていたところがありました。

 

落ち込んだり元気になったりなど、

そのときの状況に委ねていたため対処が難しく、

仕方ない部分がありました。

 

しかし、この散歩の効用に気づけば、

いろいろ応用ができるはずです。

 

今の気分に対して対処がしやすくなりますし、

これからどんな気分になりたいのかも、

自在にコントロールできるようになります。

 

たとえば、あなたは嫌なことがあり、

いらいらしているとします。

 

そのときは、ゆっくりしたペースで散歩してみましょう。

 

気分がリラックスして、

落ち着きを取り戻しやすくなります。

 

たとえば、あなたがこれから好きな人と

デートに向かう直前としましょう。

 

楽しいデートにするために、

事前にテンションを上げておきたい。

 

そういうときこそ、

事前に少し速いペースで散歩をすればいい。

 

自然と気分が高ぶり、テンションを上げて

デートに向かうことができるでしょう。

 

気分によって散歩のペースが変わるのではなく、

散歩のペースによって気分が変わっていたのです。