so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

元気が出る散歩の仕方<24>

時間
で、
大切にする
 

同じ時間、同じ道で、同じ人を大切にする。 | 散歩の楽しみ方に気づく30のポイント

 

歩仲間は、必ずしも身内や友人だけとは限りません。

 

あかの他人でも「散歩仲間」と

呼べるにふさわしい関係になることがあります。

 

毎日の散歩が習慣になっていると、同じ時間に、

同じ道を歩くことになるでしょう。

 

そのとき、自分と同じように散歩を習慣にしている

人とすれ違うことはありませんか。

 

そうした人も、自分と同様、

散歩を生活の一部にしている人です。

 

少なくとも、自分と同じ「歩く習慣」を持っていますから、

通じ合う点があるはずです。

 

そういう人は、もはや「赤の他人」とは呼べません。

 

一度も話したことはなくても、そういう人は、

お互いに存在を気にし合っているはずです。

 

あなたも「おや。またあの人だ」と思っているように、

相手も「おや。またあの人だ」と思っているはずです。

 

言葉を交わすことはなくても、お互いがお互いを

励ましたり元気づけたりなど、

刺激し会える関係になっています。

 

あかの他人でも、親密な散歩仲間になるのです。