so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴48年が健康方法について投稿します

元気が出る散歩の仕方<13>

散歩達人は、
目的じてスピード使けるのがうまい
 
 

散歩の達人は、目的に応じて歩くスピードを使い分けるのがうまい。 | 散歩の楽しみ方に気づく30のポイント

 

歩のスピードは「遅い、普通、速い」の3種類です。

 

今までは、ただなんとなく気分や状況に任せて

歩いていただけではないでしょうか。

 

散歩の達人は違います。

 

目的から先に考えます。

 

  • 自分は今、何を目的として歩こうとしているのだろうか?

 

目的を意識して、歩くスピードを変化させてみましょう。

 

目的から先に考えるようになると、

より効率的に歩くことを楽しめるようになるはずです。

 

今まで、なんとなくしか考えていなければ、

はっきり考えるようにすることで、

より散歩を楽しむことができるようになります。

 

では、まず「ゆっくり歩くとき」です。

こうした目的があれば、

歩くスピードを落ち着かせるといいでしょう。

 

ゆっくり歩けば歩くほど、効果も強くなります。

 

続いて「速く歩くとき」です。

 

速く歩けばたくさん酸素を吸うことになりますし、

気分も次第に高揚してきます。

 

歩くとはいえ、ゆっくり歩くか、

速く歩くかで、まったく意味が異なります。

 

今までなんとなく歩いていた人は、歩く目的を考えてから、

歩くスピードを調整してみましょう。

 

このことが、散歩の達人になる方法なのです。