so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

元気が出る散歩の仕方<07>

散歩達人は、
すのがうまい
 
 

散歩の達人は、指を差すのがうまい。 | 散歩の楽しみ方に気づく30のポイント

 

を歩いていると「あれ、なんだろう」と

思うものを見つけることがあります。

 

珍しい建造物であったり、

不思議な形をした草花であったりします。

 

散歩の達人は、

何か気になるものがあったとき、ふと指を差します。

 

だからなんだと思いますが、

あなたも一度やってみましょう。

 

やってみないと、その効果は分からない。

 

やってみると、その効果が分かります。

 

指を差すと、そこ一点に、注意が向きます。

 

その対象をより深く見て、

注意深く観察しようとする意識が強くなります。

 

電車の車掌が、電車が往来の際、指さし呼称で

「よし!」と言っていますが、それと同じです。

 

注意喚起を高め、

対象に意識を集中するためにします。

 

ぶらりぶらりと歩く散歩で、気になるものを

見つけたとき、ふと指を差してみましょう。

 

たとえば、道端でタンポポを見つけたとき

タンポポだ」と思いながら指を差します。

 

すると、どうでしょう。

 

タンポポとの物理的な距離は変わらなくても、

心の距離が近づいたような気がします。

 

より注意を向けることで、

友人になれた気がするのです。