読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

やる気を出す方法<14>

やる気はあるのに出ない。 やる気を詰まらせている障害物を 取り除くだけでいい。 やる気が出ないと悩む人は、 実は、やる気がある人です。 やる気はあるのに、 ただやる気が出にくくなっているだけです。 やる気があるのに、 障害物がやる気の流れを悪くして…

やる気を出す方法<13>

睡眠不足は、 やる気不足。 人間には、3大欲があります。 睡眠は、人間の3大欲の1つです。 何かをやろうとするときに、 まず人間の本能を満たさないと、 やる気が出ません。 人間の3大欲が最初にあり、 その後にやる気があるのです。 まず3大欲を満たすことが…

やる気を出す方法<12>

結果を目に見える形にすると、 やる気が出る。 結果を目に見える形にすることで、 やる気が出ます。 自分がどれだけ成長できているかを、 確認できるからです。 目に見える形で、 自分の前進を確認できると、 安心して前に集中できるのです。 部屋の掃除をやる…

やる気を出す方法<11>

「負けたくない」という意識が、 やる気に変換される。 やる気を出すためには、 競争を意識する手もあります。 わざと他人を意識します。 自分一人でやっていると、 自分が今どの辺りの位置なのかを 確認しにくいため、迷子になります。 そこで、 自分の今の位置…

やる気を出す方法<10>

好きなことをすると、 やる気が出る。 好きなことをすると、 幸せになれる。 必ずやる気が出る方法があります。 好きなことをすることです。 好きなことなら、 間違いなくやる気が出ます。 好きなことだから、やる気が出る。 好きなことは、人それぞれです。 何…

やる気を出す方法<09>

言われる前に行動すると、 やる気が自然と出る。 言われる前に、行動することです。 言われてからの行動は、 やる気が半減します。 言われてからやることは、 たとえ自分の希望でも強制のようになり、 複雑な気持ちになります。 私は小学校のときに、母から 「…

やる気を出す方法<08>

自主的に行っていることには、 すでにやる気がくっついている。 学校の勉強は、強制です。 「勉強」を「強制」させられます。 日本の小学校や中学校は、 義務教育です。 教育の中に勉強があります。 勉強を囲んでいる教育さえも、 義務になっています。 それが…

やる気を出す方法<07>

やめられない、 止まらない。 行動すれば、 やる気が出る。 とにもかくにも、 まずはやってしまうことです。 やってさえしまえば、 後は自然とやる気が出てきます。 やる気とは、 行動することで湧き出てきます。 行動しないからやる気が出ないだけです。 行動す…

やる気を出す方法<06>

やる気は、 空気感染する。 やる気を出すための簡単な方法があります。 やる気になっている人に、 やる気を移してもらうことです。 伝染させてもらうことです。 特別に接する必要はありません。 ただ、 やる気になっている人のそばにいるだけで、 こちらまでや…

やる気を出す方法<05>

崖に立たされた危機的状況が、 やる気をかき立てる。 学生時代に、自分で自分を追い込んで、 やる気を出している友達がいました。 普段からこつこつ勉強するタイプではなく、 テスト前に一気に進めるタイプです。 典型的な「一夜漬けタイプ」です。 だからとは…

やる気を出す方法<04>

他人のために一生懸命になると、 やる気が出る。 やる気になっているときというのは、 他人のために一生懸命になっているときです。 「自分のために」と思うと 「これをやるのは、また今度でいいか」と 気が緩んでしまいがちです。 けれど他人のために何かをし…

やる気を出す方法<03>

やる気を持続させる燃料は 「達成感」。 やる気は、 スピードを出せば出すほど出てきます。 やる気を出す方法が 「スピード」であるに対して、 やる気を持続させるための燃料は何でしょうか? 「達成感」です。 やる気を持続させるためには、 まず小さなことか…

やる気を出す方法<02>

スピードを出せば、 やる気も出る。 「やる気が出ない……」 「何もやる気力が出ない……」 あなたも一度は感じたことのある、 症状ではないでしょうか。 私も今まで何度も自分の怠けた性格に 悩んだことがあります。 どうすればやる気が起こるものなのかと、 たく…

やる気を出す方法<01>

やる気を出すとは 「気分を高める」ということ。 やる気の正体とは「気分」です。 「やる気が出る」とは 「気分が高まっている」ということです。 いかに自分の内側にある気分を 高めていくかです。 気分を高めるには、自分の精神状態を コントロールすることが…

気楽に生きる心の習慣<30>

約束の数をできるかぎり少なくする。 約束は、人間関係の土台です。 約束を守れるから、 人から信用されますし、関係を保てます。 約束をした瞬間から 「守らなければ!」という 束縛が始まります。 破ってしまえば信用を失ってしまうため、 守ろうとします。…

気楽に生きる心の習慣<29>

服からくるストレスは、 大きい。 人間は、お風呂とエッチのとき以外、 常に服を着ています。 ほぼ1日中です。 いつも身につけている服ですから、 服からくるストレスまで考えたことは ないのではないでしょうか? 当たり前に身につけている服だからこそ、 気…

気楽に生きる心の習慣<28>

どうしてもリラックスできないときには、 お酒の力を借りればいい。 「リラックスしよう」と思って すぐリラックスできるなら、 苦労はしません。 なかなか思うようにできないから 困ってしまいます。 特に真面目な人は 「気を抜くことが悪いこと」という 先入…

気楽に生きる心の習慣<27>

完璧を求めると、 読書が間違い探しになってしまう。 批判的な人は、細かいところまで 突っ込みを入れることが得意です。 本や雑誌を読んでいるとき、 間違いを見つけるのが得意です。 人一倍、知識が豊富であり、 また完璧を求めようとする性格上、 見逃せな…

気楽に生きる心の習慣<26>

ゆっくり話すことは 「落ち着き」と 「品」を醸し出す。 あなたの話し方を、 チェックしてみましょう。 ぺらぺらと早口で、 まくし立てていませんか? 早口になると、 単純に疲れやすくなります。 また、 早口になると考える時間も短くなるため、 言い間違いが増…

気楽に生きる心の習慣<25>

迷わない。 直感に従う。 「Aにしようかな。それともBにしようかな。どちらも魅力的だ」 迷っていると疲れます。 人間は、考えているだけで 疲れてしまう特殊な生き物です。 高度な脳を持ってしまったばかりに、 体を動かさなくても、考えるだけで 疲れること…

気楽に生きる心の習慣<24>

規則正しい生活を送っている人が 少ない時代になってしまった。 普通に、 当たり前の生活を心がけることです。 他人と差をつけるために、 特別なことをする必要はありません。 朝は早起きをして、夜は早めに寝る 食事は、朝・昼・晩の3食をきちんと取る いま…

気楽に生きる心の習慣<23>

弱みを隠しているうちは、 一生克服できない。 弱みを隠すと逆効果です。 隠していると、息苦しくなります。 隠すために体力も時間も必要になり、 余計に疲れてしまいます。 「ばれるのではないか」といつも 不安になって仕方なくなり、 気が休まりません。 …

気楽に生きる心の習慣<22>

仕事の予定が入る前に、 休暇の予定を先に入れる。 あなたはスケジュール帳を持っていますか? 持っているなら、 どのような使い方をしていますか? おそらく仕事の主な使い方と言えば、 予定を書き込むことです。 公私で必要な予定を書いて、 うっかり忘れな…

気楽に生きる心の習慣<21>

成功するためには3つの目が必要。 鳥の目、 虫の目、 魚の目。 あなたの目はいくつありますか。 もちろん「2つ」と 答える人がほとんどでしょう。 たしかにそのとおりですが、 それだけではいけません。 失敗を避けて成功につなげるためには、 3つの目を持ちまし…

気楽に生きる心の習慣<20>

おもちゃには、 童心に返る力がある。 おもちゃは、 子供のためだけの遊び道具ではありません。 大人にとっても大切な道具です。 おもちゃには、不思議な力があります。 どういう力かというと 「童心に返れる力」です。 たまに童心に返ると、 素晴らしい2つの…

気楽に生きる心の習慣<19>

100パーセントを感じさせる言葉は使わない。 責任感の強い人には、 とげの発言が目立ちます。 「絶対に大丈夫です」 「確実に処理します」 「必ず達成します」 これらの言葉の中で「とげ」を 感じる部分は、どこでしょうか? 100パーセントを感じさせる 言葉…

気楽に生きる心の習慣<18>

言いたいことは、 次の日に言うくらいでいい。 「怒りは敵と思え」 これは、徳川家康の有名な言葉です。 怒ることで自制心を失い、判断を誤り、 身を滅ぼすことになります。 特に戦略・戦術では、1つの間違いが、 取り返しのつかない事態を招きかねません。 1…

気楽に生きる心の習慣<17>

「まあ何とかなるだろう」と、 根拠なく気軽に構える。 責任を背負っている人は、 たしかにかっこいい。 しかし、 背負いすぎてつぶれることになっては、 元も子もありません。 鬱病になる人の特徴は、 完璧主義で責任感の強い人が 多いとのことです。 完璧に責…

気楽に生きる心の習慣<16>

入院は、 人生の夏休みと思う。 人間と病は、切れない関係があります。 小さなけがや風邪くらいならいいでしょう。 しかし、人生では何があるか分かりません。 突然の交通事故もありますし、 思わぬ病に倒れることもあります。 重い病気にかかってしまい、 長…

気楽に生きる心の習慣<15>

ウサギにはウサギのよさがある。 カメにはカメのよさがある。 私の知り合いに「のろさ」を 悩みにしている人がいます。 「私の話し方も行動も『のろい』と よく言われる。だからいけないのかな」 たしかにその女性の話し方は、 ゆっくりした口調でした。 行動…

気楽に生きる心の習慣<14>

ほのかな朝日で、 自然に目覚める。 あなたは朝起きるとき、 どのような手段に頼っていますか? 忙しい現在社会では、ほとんどが 目覚まし時計に頼っていることでしょう。 学生も社会人も、 なくてはならない道具です。 「仕事は人間に必要だ。 だから人は目覚…

気楽に生きる心の習慣<13>

「緩」も 「急」も、 どちらも必要不可欠。 のんびり気楽に生きるためには、 前提として「急ぐ時間」が必要です。 急いで時間を節約するから、 時間に余裕ができてゆっくりできます。 スローライフは、 すべてがスローではいけません。 それでは単なる 「だらだら…

気楽に生きる心の習慣<12>

考えても分からないことに悩んでも、 仕方ない。 「悩んでいても仕方ない」という ことがあります。 「自分の前世は、何なのか」 「自分の守護霊は、何なのか」 「いつ結婚するのだろうか」 「いつ死ぬのだろうか」 将来が気になるのは分かります。 いくら考え…

気楽に生きる心の習慣<11>

昔の遊びには、 テレビゲームでは味わえない刺激がある。 私は小学6年生のころ 「昔の遊びクラブ」という クラブ活動に所属していました。 懐かしい昔の遊びを 体験しようというクラブです。 今となっては物珍しい昔の遊びを体験して、 現代にも継承していこう…

気楽に生きる心の習慣<10>

私たちは 2つの世界に生きている。 「昼の世界」と 「夜の世界」。 私たちは1つの世界に生きていながら、 実は2つの世界に生きています。 「昼の世界」と「夜の世界」。です。 同じ場所でも、 昼か夜かで別の世界になります。 同じ場所にいながら、 2つの世界を味…

気楽に生きる心の習慣<09>

勉強部屋に缶詰にならず、 外へ遊びに出かけることが大切。 私が幼いころ、母からは 「よく遊べ」と教えられてきました。 もちろん勉強もしなさいと 一喝されたこともありましたが、 勉強部屋に缶詰にされることは ありませんでした。 塾に通うことも強制はさ…

気楽に生きる心の習慣<08>

よく噛んで食べれば、 おかずなしでもご飯はおいしい。 ご飯を、おかずと一緒に 食べている人がほとんどでしょう。 なぜおかずと一緒に食べますか? 「ご飯は味がないから、おかずがないと食べられない」 たしかにご飯だけでは味気ないと 感じる人も多いのが事…

気楽に生きる心の習慣<07>

早起きすると、 1日が長く感じられる。 早く起きれば起きるほど、 1日が長く感じられます。 起きるのが遅くなればなるほど、 1日が速く感じられます。 それが時間の法則です。 今日、あなたは何時に起きましたか? たとえば、夜遅くまで友達とお酒を 飲んだ翌…

気楽に生きる心の習慣<06>

「いつでも行ける」と思う近場こそ、 絶好の穴場である。 気分転換には、旅行が一番です。 旅行といえば、あなたはどこへ行きますか? ほとんどの人が「遠くの場所」を想像します。 電車やバスを使って、 遠くへ旅に行こうと思います。 人によっては、飛行機に乗…

気楽に生きる心の習慣<05>

ぼうっとしていたからこそ、 潜在意識が表面化する。 自動販売機でうっかり、 ボタンを押し間違えることがあります。 疲れているのか?ぼうっとしているのか? たとえば、 本当はオレンジジュースを飲みたかったのに、 リンゴジュースを選んでしまったとします…

気楽に生きる心の習慣<04>

人によって価値観が違えば、 美しいと感じる基準もまったく異なる。 ある日、 私はふと気づいたことがあります。 クリスマスシーズンになれば、 クリスマスツリーが登場します。 小さなツリーから大きなツリーまで、 規模はさまざまです。 特に巨大なクリスマ…

気楽に生きる心の習慣<03>

おごりにするべきか。 割り勘にするべきか。 それが問題だ。 あなたは友達と食事をしたとき 「割り勘」にするタイプですか? それとも 「おごり」にするタイプですか? これはどちらも正解です。 どちらも間違っていると言えます。 時と場合、相手によって、 答…

気楽に生きる心の習慣<02>

世の中で最も美しい風景は、 実はあなたの真上にあった。 ぼんやりする時間は、突然やってきます。 友達と一緒にいるとき 「ちょっとトイレに行くから待っていてね」と 言われ、何分か待たされることがあります。 電車やバスがくるまでの間、 待っている時間も…

気楽に生きる心の習慣<01>

のんびりしたカメだからこそ、 味わえる感動がある。 ウサギとカメがいます。 どちらのほうが素早く動けるのかと言えば、 誰もがウサギと言います。 たしかにウサギは動きが速い。 さて、そんなウサギは動きが速いからこそ、 周りの景色が次から次へと移り変わ…

早寝早起きで人生を変える方法<30>

早起きをすればするほど、 早く道が開ける。 ・大学受験の合格 スポーツ試合での勝利 事業の成功 お金持ちになる 資格を取る いずれの実現にも、 共通する要素があります。 それこそが「早起き」です。 成功する人はみな共通して早起きであり、 また習慣になっ…

早寝早起きで人生を変える方法<29>

早起きは、 いわばフライングスタート。 あなたは、早起きをして 快感を味わったことはありませんか? 「ほかの人より早くスタートできている!」 「みんながまだ寝ている時間に、 私はもう勉強をしている」 フライングスタートの快感です。 早起きは、いわば…

早寝早起きで人生を変える方法<28>

早起きしてできることは、 あなたが本当に好きなこと。 早起きをしようとすることは、 少なからずエネルギーを必要とします。 そんな早起きをしてまでしようと思うことは、 あなたが本当に好きなことです。 好きなことでないと 「早く楽しみたい」と思うはずも…

早寝早起きで人生を変える方法<27>

朝のペースが、 その日1日のペースを作る。 朝のペースが、その日1日のペースを 作るといっても過言ではありません。 朝にでたスピードは、 その日のスピードの基本形です。 早起きをした日は、 その日はいつもより長く感じられます。 朝早くから活動をして、 …

早寝早起きで人生を変える方法<26>

朝に行動できれば、 その日1日は楽になる。 やらなければならないこと、面倒なことを、 朝のうちに済ませておくと、 その日1日が楽になります。 朝に起きてすぐできないと、 その日1日は自然とだらだらになります。 起きてすぐはちょっと眠いからと 「後でいい…

早寝早起きで人生を変える方法<25>

喧嘩は、 夕方から夜にかけて起こりやすい。 朝は、 最も仲直りに適した時間。 朝は最も仲直りがしやすい時間です。 夜は疲れといらいらがたまり、 話しかけてもなかなか真剣に 聞いてくれません。 喧嘩は決まって、 いつも夕方から夜にかけて起こります。 疲れ…