読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴45年が健康方法について投稿します

やる気を出す方法<27>

やるすためには、
うことが大切 

 

る気が出ないのは、笑っていないからです。

 

笑うと元気が出ます。

 

元気にならないと、やる気は出ません。

 

やる気は、元気の塊だからです。

 

笑うことが、

間接的にやる気を出すことにつながります。

 

友達と話をして大笑いした後は、

大笑いしても、元気です。

 

大笑いで疲れたというより、

大笑いで元気になるのです。

 

笑えば笑うほど元気になり、

元気になるほど、やる気も出てきます。

 

やる気が出ないときは、

まず笑ってみましょう。

 

友達と電話で話して大笑いしてもいいし、

お笑い番組を見て大笑いしてもいいです。

 

笑うことは、

人の免疫機能を高める作用があります。

 

やる気が出ないときは、

ストレスで免疫機能が低下しているときです。

 

笑って免疫機能を上げることで、

ストレスに対する免疫を強めることになります。

 

笑って死んだという人は聞いたことがありませんが、

笑って元気になったという人なら、

たくさん聞いたことがあります。

 

笑い飛ばすとは、ストレスを飛ばすことなのです。

やる気を出す方法<26>

やるないときは、
やるがなくてもできることからめる 

 

る気がないときには、

どうすればいいのでしょう。

 

やる気がないときには、

やる気がなくてもできることをしましょう。

 

やる気がないとできないことは、

とりあえず後回しにして、

できることから始めればいいのです。

 

小さくて、

簡単なことからで大丈夫です。

 

とにかく、前に作業を進めていくと、

自然とやることが減っていきます。

 

やる気が出ないのは、

ただやることがいっぱいあり、

頭もいっぱいで、

やる気が出なかっただけです。

 

一つ一つ、やる気がなくても

できることから始めることで、

少しずつ仕事が減っていきます。

 

そうすることで、

本当にやらなければならないことに、

集中を向けることができるようになります。

 

私の母は

仕事帰りで疲れてやる気が出ないときは、

昼寝をしてしまいます。

 

できることから始めるとき、

できることがまず体を休めることなら

堂々と寝ていいのです。

 

寝ることも大切なことなのです。

やる気を出す方法<25>

やるは、
そうとするからなくなる

 

る気は出そうとすると、

余計に出ないときがあります。

 

「出ろ、出ろ!」と思うときに限って、

なかなか思うように出てくれないのです。

 

いいアイデアがあります。

 

やる気が出ないなら、

やる気が出るまで待てばいいのです。

 

やる気が出ないときは、

無理はしなくていいのです。

 

そんなときは寝ましょう。

 

「やる気、出ろ!」と言って、

やる気が出ないのでは、

余計にストレスがたまります。

 

余計にストレスがたまっては、

余計にやる気が出にくくなります。

 

余計に悪循環になります。

 

思いきって寝てしまうのです。

 

朝になれば、すっきりしています。

 

時間が経過することで、

違った気分になっていることでしょう。

 

寝ることは、

気分を落ち着かせる効果があります。

 

私は嫌な気分になったときには、

いつも寝るようにしています。

 

考えると余計にいらいらしてきますから、

考える瞬間をなくそうと、

思いきって寝てしまうのです。

 

彼女に振られたときも、まず寝ました。

 

そうしたとき、

やる気なんて出るわけがないのです。

 

やる気が出ないときには無理をせず、

やる気が出るまで、

寝て待てばいいのです。

やる気を出す方法<24>

異性原動力にすると、
やる

 

性という原動力は、

恐ろしい力を持っています。

 

異性の原動力というのは、

人間の3大欲の1つです。

 

モテたい気持ちも、

立派な動機になるのです。

 

そのため、このパワーを使うことで、

思ったよりやる気を出せます。

 

私が韓国語を勉強し始めたのも、

異性がきっかけでした。

 

まだ、語学学校時代、

私といつもペアを組む韓国人の女の子が

きっかけでした。

 

妙に笑顔を振りまいてくるため、

次第にこちらも気になり始めました。

 

  • 「もっと仲良くなりたいな」

 

それがきっかけで、

韓国語を勉強し始めたのです。

 

独学は私の得意分野ですから、

思ったよりすんなり勉強はできました。

 

その子とは何もなく終わりましたが、

今でも、そのときに勉強した

韓国語は私の中で生きています。

 

何も目的なく勉強するのとは違い

「もっと韓国語で話したい」という

目的がありましたから、

吸収力は素晴らしいものでした。

 

やる気を出したいとき、

異性を原動力にすることでやる気を出せます。

 

  • 「君の笑顔が見たいから」

 

こんな理由1つで、

人間はすごいやる気を出すことができるのです。

やる気を出す方法<23>

できないことはやらなくていい
 
できることだけやればいい

 

れを本に書くと、

またたくさんのクレームが来るでしょう。

 

しかし、本当のことです。

 

いつかこれは言わなければならないことです。

 

クレーム覚悟で、正直に言います。

 

私は、たくさん本を書くうちに、

みんなから決まってある共通の言葉を

かけられるようになりました。

 

  • 「それはお金持ちが言うことだ」

 

お金持ちが言うことです。

 

お金持ちでしか言えません。

 

私は本の中では嘘は書きません。

 

書けないのです。

 

自分の経験したことでないと、

具体例としてあげることができません。

 

私が経験したことは、

結構お金のかかる経験が多いです。

 

だからこそ、私はそんな

「お金のかかった貴重な経験」を

大いに活用しています。

 

私は、

お金持ちが悪いことだとは

思っていません。

 

お金を持っていないことが

悪いことだとも思っていません。

 

お金を持っている人は、

お金を持っているからこそできることを

すればいいのです。

 

お金を持っていない人は、

お金を持っていないからこそできることを

すればいいのです。

 

大切なことは

「自分ができることをする」ことです。

 

できないことをかっこつけてする

必要はありません。

 

できないからです。

 

自分ができることだけをするだけで、

たくさんのことができます。

 

やらないだけです。

 

「自分ができること」と

「自分が好きなこと」に絞ってやれば、

おのずからやることは限定されていくものです。

 

だから私は

「自分ができる好きなこと」しかしていません。

 

それでいいと思っています。

 

それしかできないのですから。

やる気を出す方法<22>

後悔することで、
やる

 

悔は、大きなやる気を生み出します。

 

私が留学している間にたくさんの人に出会い、

聞いてみたことがあります。

 

  • 「なぜ英語を勉強しているのですか」

 

すると思ったより、

後悔した経験がきっかけになり、

英語を勉強し始めた人が多かったことが

印象的でした。

 

  • 「海外旅行に行ったときに、現地の人とコミュニケーションが取れなくて、悔しい思いをした」

 

  • 「自分のお店に、英語を話すお客さんがたくさん来て、対応できなくて悔しい思いをした」

 

  • 「自分が好きな人と、英語でコミュニケーションが取れなくて、自分の英語力のなさに後悔した」

 

そんな後悔から、英語を勉強しようと

やる気を出したというのです。

 

後悔することは、

気分のいいことではありません。

 

しかし、後悔してしまうときも、

長い人生ではやはりあります。

 

そんなときは、後悔をやる気に変えましょう。

 

自分の未熟さに後悔したなら、

勉強すればいいのです。

 

「いつかできるようになりたい。

見返してやりたい!」という

原動力は、大きなやる気を生み出します。

 

後悔したら、

やる気を出すチャンスなのです。

やる気を出す方法<21>

やる音楽くと、
やる

 

本的で強力なやる気を出す方法は、

音楽です。

 

やる気の出る音楽を聴くことです。

 

どんな音楽かは、人それぞれです。

 

私の場合は、

元気な曲をいつも聴いています。

 

明るい曲を聴いていると、

心まで明るくなります。

 

私は留学時代、

明るい曲をよく聴いていました。

 

聞いているだけで、

不思議とやる気が出る曲があります。

 

「音楽は素晴らしい力を持っているな」と

思いました。

 

やる気が出ないときは、

やる気の出る曲を聴いてみるのも

賢い手段です。

 

音楽が人の気分に大きく影響を

与えるのです。