so-syarugenkijin’s diary

健康オタク歴50年が健康方法について投稿します

自分の限界を超える<06>

「あの人は嫌いだけど、
○○は尊敬している」 
「あの人は嫌いだけど、○○は尊敬している」 | 自分の限界を超える30の方法

 

あなたには「嫌いな人」はいますか?

もちろん

「イエス」と答える人が大半でしょう。

 

誰にでも、

1人や2人嫌いな人がいて当然です。

 

嫌いな人が1人もいなければ理想的ですが、

なかなか難しいのが現実です。

 

世の中にはいろんな人がいますから、

自分と合わない人もいるのが普通です。

 

そして、嫌いな人がいるのも当然です。

 

さて、どんなに嫌いな人でも、

印象を改善する方法があります。

 

誰でもできる簡単な方法であり、

いつでもどこでもできます。

 

次のテンプレートを使って、

○○の部分に適切な言葉を当てはめてください。

「あの人は嫌いだけど、○○は尊敬している」

 

○○の部分は、その人を観察しながら

尊敬できるところを当てはめます。

 

秀でたスキルであったり、

自分にはない魅力だったりです。

 

尊敬できるところが1つでも見つかれば、

うまくいったも同然です。

 

「あの人は嫌いだけど、

 明るい性格なのは尊敬している」

「あの人は嫌いだけど、

 世渡り上手なところは尊敬している」

「あの人は嫌いだけど、

 ファッションセンスがあるところは

 尊敬している」

 

するとどうでしょう。

嫌いな人の印象が改善するはずです。

 

少なくとも

「その人にも取り柄がある」と

いえるでしょう。

 

尊敬できるところさえあれば

「あの人は嫌い」と言いつつも、

だんだん受け入れられるようになります。

 

<どれだけ嫌いな人でも、

1つくらい尊敬できるところがある>

 

「あの人に

尊敬できるところなんて見つからない」

そう思うかもしれませんが、誤解です。

 

嫌いな人とはいえ、

何もかもすべてが悪いということは

ないはずです。

 

どれだけ嫌いな人でも、

1つくらい尊敬できるところがあるはずです。

 

嫌いなのは一部であり、

ほかのところを見れば、

素晴らしい魅力があるもの。

 

尊敬できるところが1つでもあれば、

嫌いな印象が陰に隠れます。

 

少しくらい問題点があっても、

うまく補えます。

 

嫌いな感覚をゼロにすることはできなくても、

抵抗感や嫌悪感が小さくなるはずです。

 

<大切なのは「尊敬」>

嫌いだから、付き合えないとは限りません。

 

「嫌い、嫌い」と拒んでいるだけでは、

ストレスがたまって自分が苦しくなるだけ。

大切なのは「尊敬」です。

 

嫌いな人をよく観察して、

尊敬できるところを見つけましょう。

 

たとえ心の底から嫌いな人であっても、

尊敬できるところさえあればいい。

 

相手を受け入れることができるため、

うまく付き合えるでしょう。

 

意外と関係が長続きすることも

珍しくありません。

 

「最初は大嫌いだったけど、

 今では親友になった」

 

そうした未来がやって来ることも、

現実としてありえるのです。

 

#限界 #超える #尊敬 #未来

#親友

自分の限界を超える<05>

限界の多くは、
思い込み。 
限界の多くは、思い込み。 | 自分の限界を超える30の方法

 

冬の東京は寒いですが、

北海道の人には、生暖かく感じるものです。

 

北海道の冬のほうが、東京の冬より、

はるかに厳しいからです。

 

「東京の冬は暖かいね」と言って、

平然とするでしょう。

 

そんな北海道の冬も、

さらに北に位置するアラスカの冬に比べれば、

生暖かく感じるものです。

 

アラスカの冬のほうが、

北海道の冬より、はるかに厳しいです。

 

「北海道の冬も厳しいけれど、

アラスカほどではない。アラスカの冬は、

もはや人の住めるところではない」と

言うでしょう。

 

たしかに自分には

「つらい。限界だ」と感じるでしょう。

 

しかし、

自分が「厳しい」と思うことの多くは、

思い込みです。

 

世の中には、

もっとひどい境遇の人が、必ずいます。

 

その人に比べれば、まだ救いがあります。

 

「限界だ」と思ったときは、

もっと厳しい状況や人を

思い浮かべてみましょう。

 

自分より貧乏だったり、不幸だったり、

忙しかったりする人です。

 

自分よりひどい境遇の人たちを想像すれば、

自分の立場が、軽いように思えてきます。

 

「もう一踏ん張り頑張ろう」と思い、

生きる希望と気力が湧いてくるのです。

 

#限界 #方法 #東京 #アラスカ

#北海道

自分の限界を超える<04>

何者かになりたいなら、
1つの道を究めないといけない。 
何者かになりたいなら、1つの道を究めないといけない。 | 自分の限界を超える30の方法

 

「何者かになりたい」

そう思ったら、必須条件があります。

 

それは

「1つの道を究める」ということです。

 

多芸を目指そうとしていませんか?

同時に2つの道を歩んでいませんか?

複数のプロになろうとしていませんか?

 

いろんなことに手を伸ばせば、

さまざまな能力を身につけることができます。

 

「何かあったときの保険」と思って、

同時に2つの道を歩むこともあるでしょう。

 

たしかにいろんなことができたほうが、

いざというときの保険にもなります。

 

差別化を図るために、

わざと多芸を目指そうとしている

人もいるでしょう。

 

複数のことをできたほうが希少性が増して、

特別な存在になるように思われます。

 

しかし、何者かになりたいなら、

最初から多芸を目指すのは要注意です。

 

複数のことに手を出すと、

限りあるリソースが分散されます。

個人のリソースは限られています。

 

時間もお金も労力も有限です。

多芸であればあるほど、

リソースの分散が著しくなります。

 

あれもこれも手を

伸ばしてリソースが分散すると、

なかなか能力を伸ばせなくなり、

実績も積みにくくなります。

 

最初から多芸を目指すと、

一芸もできなくなります。

 

2つ以上に道を歩もうとしているのは、

覚悟が中途半端とも言えます。

 

専門性が中途半端になり、

マチュアから抜け出せないのです。

 

 

ましてや本職をサボってまで

副業に手をつけるのは言語道断です。

 

副業がうまくいかないどころか、

本職までうまくいかなくなり、

共倒れになる可能性があります。

 

あれもこれも手を出すと、

何者にもなれないのです。

 

<何者かになるために必要なのは

選択と集中」>

 

何者かになるためにはどうすればいいか?

多芸を目指すのではありません。

まず一芸を究めるのです。

 

何者かになるために必要なのは

選択と集中」です。

 

好きで得意な分野を見つけ、

そこにすべてを集中させ、

自分の才能に投資します。

 

選択と集中に必要なのは

「1つの道に絞り、専門性を究める」と

いうことです。

 

お金も時間も労力も、

そこにすべてを費やすくらいに

なることが必要です。

 

徹底的な投資を行い、

能力を伸ばせるだけ伸ばします。

 

だからこそ突き抜けることができ

「何者か」になれるのです。

 

世の中を見てください。

プロとして、サッカー選手とテニス選手を

両立している選手はいません。

 

どちらもスポーツですが、

競技が違います。

 

プロサッカー選手もプロテニス選手も、

その道を究めています。

 

その道を究めるからこそ

実力を伸ばしていき、プロになれました。

 

プロとして、

画家と作家を両立している人もいません。

 

どちらも創作活動という点は同じですが、

表現と専門分野が違います。

 

レオナルド・ダ・ビンチのような

多芸を究めた人もいますが、

それは希代の天才だからできることであり、

例外と考えることです。

 

「自分はこの道で生きる」と決めたら、

とことん突き詰めることが大切です。

 

余計なものは捨てます。

彫刻は削ることで形になりますが、

私たちもそれと同じです。

 

余計なものを捨てることで、

形になります。

 

「何者かになる」というのは、

言い換えれば「覚悟を決める」と

いうことです。

 

余計なものはすべて捨て、

徹底した選択と集中を行い、

自分の才能に投資することが必要です。

 

脇目も振らず、寄り道もせず、

後ろも振り向かず、

ひたすらその道を突き進むこと。

 

世界一を目指すくらいの

意気込みで取り組み、

その道を究めます。

 

すると、

実力やキャリアが積み重なっていき、

突き抜けることができます。

 

結果として、何者かになれるのです。

 

#限界 #方法 #多芸 #専門性

#世界一

自分の限界を超える方法<03>

身体能力に限界はあっても、
行動には限界がない。 
身体能力に限界はあっても、行動には限界がない。 | 自分の限界を超える30の方法

 

「思いは実現する」と言われていますが、

当てはまらないこともあります。

 

身体能力には、限界があります。

年を取れば、肉体が衰えます。

 

この世のルールであり、逆らえません。

「オリンピックで金メダルを取りたい」と

思っても、必ずしも実現するとは限りません。

 

思いを抱くことは大切ですが、

生まれつきの身体能力が強く

関係しているため、

必ず実現するとは限りません。

身体能力には、限界があります。

 

しかし、

行動には、限界がありません。

 

平凡な言葉に思えるかもしれませんが

大切です。

 

たとえば、あなたが本気で

「大喧嘩した人と仲直りがしたい」と

思えば、できます。

 

本気になれば、あらゆる恥や外聞

捨てることができるからです。

 

もしあなたが本気で

「死ぬまでに一度でいいから、

世界一周旅行をしたい」と思えば、

できます。

 

本気で

「死ぬまでに世界中の世界遺産を見て回りたい」と

思えば、できます。

 

本気になれば、一生懸命にお金を貯めて、

行動に出ようとするからです。

行動には、限界がないのです。

 

本気になれば、

この世にあるほとんどのことができます。

 

人生のあらゆる可能性は、開かれています。

自分しだいです。

 

あなたが本当に実現させたいと思うことは、

何ですか?

 

本気で願い、

本気になって行動しましょう。

 

必ず、実現するのです。

 

#限界 #方法 #行動 #世界 #実現

自分の限界を超える方法<02>

ぶつぶつ独り言を言う人にも、
それなりの事情がある。 
ぶつぶつ独り言を言う人にも、それなりの事情がある。 | 自分の限界を超える30の方法
 
ぶつぶつ独り言を言う人に
出会うことがあります。

 

誰かに向けて、

小声でぼそぼそしゃべっています。

 

ぶつぶつ独り言を言う人がいると、

一瞬「自分に話しかけられているのかな」と

思って気になります。

 

気が散ったりうるさく感じたりして、

迷惑を感じる人もいるでしょう。

 

ここで1つ気づいてほしいことがあります。

 

<独り言を言う2つの事情とは>

なぜその人は、

ぶつぶつ独り言を言うのでしょうか?

 

独り言とはいえ「発声」です。

 

声を出すには、

口周りの筋肉を動かす必要があり、

楽なことではありません。

 

独り言とはいえ、あまり長時間続くと、

カラオケ並みに疲れます。

 

なぜぶつぶつ

独り言を言わなければいけないのか。

 

独り言を言う人には、

次の2つの事情があると考えられます。

 

(事情1)

<物覚えを改善するため>

 

あなたが独り言を言うときの

状況を思い出してください。

 

声に出すと頭に入りやすいため、

積極的に声を出しながら勉強した

経験があるでしょう。

 

自分が発した声を、

自分の耳で聞くことになるため

「エコーの作用」によって記憶力を

高める効果があります。

 

ぶつぶつ独り言を言う人も、

同じです。

 

年齢を重ねていき、

だんだん物覚えが悪くなりつつある日、

声を出すと頭に残りやすいことに気づいた。

 

少しでも物覚えを改善しようと

独り言を言っているうちに、

だんだん日常的になっていく。

 

その結果、独り言が

癖になってしまうことがあります。

 

つまり「物覚えを改善したい」という

意図がある可能性があります。

 

(事情2)

 <寂しさを紛らわせるため>

 

別の事情として考えられるのは

「寂しさを紛らわせたい」という

意図です。

 

話し相手がいなくて寂しいとき、

独り言を言うと、

少し寂しさの感覚が紛れます。

 

声を出すと、

自分の声を自分が聞くことになり、

恐怖感も紛れ、心が楽になります。

 

寂しさとはいえ、ストレスの一種です。

 

もともと話をするのが好きなら、

話し相手がいなくても、

ストレスの発散も兼ねて独り言を

言うことがあります。

 

結果として、独り言を言うのが

癖になった可能性があります。

 

§

 

ぶつぶつ独り言を言う人は、

どちらかの事情、もしくは両方の

事情があると考えられます。

 

周りの人に迷惑をかけようとして、

わざわざ独り言を言う人はいません。

 

もちろん周りへの配慮は少し

欠けているかもしれませんが、

悪気がないのでしょう。

 

つまり、独り言を言う人も

「それなりの事情」があるのです。

 

ぶつぶつ独り言を言う人がいれば、

その人が独り言を言うようになった

事情について考えてみてください。

 

うるさい声に

いらいらするかもしれませんが、

心を大きくするためにも、

一度冷静になって考えてみる価値は

あります。

 

その人なりに、

きっと何らかの事情があるのでしょう。

 

事情を察すれば、

ぶつぶつ独り言を言う人に対して

優しい気持ちになれます。

 

#限界 #超える #優しさ #独り言

#事情

自分の限界を超える方法<01>

あなたには
「人生の暗黒時代」がありますか。 
あなたには「人生の暗黒時代」がありますか。 | 自分の限界を超える30の方法

「人生の暗黒時代」とは何か。

・思い出したくないほどつらかった時期

・不幸なことがあって、途方に暮れていた時期

・夢も希望も失って、暗闇をさまよっていた時期

 

・何も行動せず、非生産的で、

 自堕落な生活を送っていた時期

・生きているにもかかわらず、

 死んでいたような日々を過ごしていた時期

 

こうした一定時期のことを

「人生の暗黒時代」と呼びます。

 

命はあっても心は死んでいて、

暗い闇の中にいるような時期ということです。

 

<人生の暗黒時代とは

「パワーをため込む時期」>

 

あなたには「人生の暗黒時代」がありますか?

 

人生の暗黒時代があれば

「振り返りたくない」「思い出したくない」

「忘れてしまいたい」というのが

正直なところでしょう。

 

「過去から消し去りたい」という

人もいるかもしれません。

 

常にフラストレーションがたまっていて、

もんもんとした日々でしょう。

 

自分にとって惨めな時期であり、

自分が壊れそうな時期でもあったはずです。

 

「過去を消せる消しゴムがあればいいのに!」と

思う人もいるかもしれません。

 

しかし、

暗黒時代は、悪いものとは限りません。

 

<人生の暗黒時代とは

「パワーをため込む時期」だからです。>

 

人生の暗黒時代があるからこそ、大きく飛躍できる

 

つらいことを経験しているとき、

表向きの結果はなくても、

知らず知らずのうちにパワーをため込んでいます。

 

「もう二度とあんな経験はしたくない!」

そう思うとき、

私たちはすさまじいパワーを発揮します。

 

人生の暗黒時代のない人は、

なかなか成長しません。

 

楽しいことばかりでは、

かえって人生は薄っぺらくなります。

 

暗黒時代を経験することで

「人生の光と陰」を知ることができます。

真剣に生き方を考えるようになります。

 

絶望の谷にいると、

小さな光もよく見えます。

 

暗黒時代があるからこそ、

光の素晴らしさを実感できる。

 

当たり前の素晴らしさに気づき、

小さな幸せにも喜びを感じ、

感謝できるようになります。

 

人生の暗黒時代を経験することで、

パワーに変わるのです。

 

飛躍を遂げた成功者がいれば、

その人の過去に注目してください。

 

「暗黒時代を経験している」という

共通点があるはずです。

 

成功するためには、

人生の暗黒時代が必要です。

 

暗黒時代があるからこそ、

その経験がパワーを生み出し、

大きく飛躍できるのです。

 

<人生の暗黒時代は、

ないよりあったほうがいいもの>

 

「人生の暗黒時代なんてないほうがいい」

そう思うかもしれませんが、逆です。

 

人生の暗黒時代は、

ないよりあったほうがいいものです。

 

不運と不幸の嵐が吹き荒れていても、

それもまた人生の大事な1ページです。

 

抜け殻のようになっていても、

死にそうなほどつらくても、

後からパワーに変わります。

 

人生の暗黒時代とは、いわば人生の赤字です。

 

「人生の赤字部分だから、

ほかのところで黒字にしよう」と

前向きに頑張れます。

 

「挽回したい」「損を取り返したい」という

気持ちがあるから、

底力が湧いて頑張れるのです。

 

<人生の暗黒時代は、いずれ勲章に変わる。>

 

もしあなたが今、暗黒時代の真っ最中なら、

今のうちにたっぷり闇を経験しておきましょう。

 

月食の曇りの晩に停電したよりも、

真っ暗な闇を経験しておくことです。

 

真っ暗な中にいても、

前向きな気持ちだけは持ち続けましょう。

 

過ぎ去ることのない嵐がないように、

過ぎ去ることのない暗黒時代もありません。

 

夢も希望も失って途方に暮れていても、

前向きな気持ちさえ持ち続けていれば、

いずれ暗闇から抜け出せます。

 

そして、真っ暗であればあるほど、

後からその経験がパワーに変わるのです。

 

もし人生の暗黒時代を乗り越えたときは、

両手を挙げて喜んでください。

 

「暗黒時代を乗り越えた」という

実績ができたからです。

 

人生の暗黒時代は、

いずれ勲章に変わるのです。

 

#限界 #暗黒時代 #人生 #勲章 

#パワー

幸せを呼ぶ言葉<30>

夢は、
この世で最も不思議な世界。
 
楽しみにしながら目をつぶろう。 
夢は、この世で最も不思議な世界。楽しみにしながら目をつぶろう。 | 幸せを呼ぶ30の言葉

 

世の中でも最も不思議な世界は、

どこにあるのでしょうか?

 

異次元をテーマにした、

テーマパークのアトラクション。

 

地球上とは思えない、

感動の絶景スポット。

 

秘境のアマゾンや海外の辺境地。

 

あの世の世界や宇宙の果てを

イメージする人もいるかもしれません。

 

もちろんどれも不思議な世界ですが、

もっと身近なところに

不思議な世界が存在します。

 

しかもあなたは毎日、

そこに行っています。

 

あなたの頭の中。

すなわち、夢です。

 

私たちは毎日、睡眠中、

不思議な世界を旅しています。

 

夜が更け、床に就いて目をつぶると、

不思議な世界を旅する冒険の始まりです。

 

どこに行くかは、

目を閉じてからのお楽しみ。

 

見たことがある世界かもしれない。

見たこともない世界かもしれない。

 

物語の展開は、

始まってみないとわかりません。

 

待ち受けているイベントも、

そのときになってみないとわかりません。

 

時間感覚もあやふやになります。

 

友達と話しているかと思えば、

急に空を飛び始めるかもしれません。

 

道を歩いているかと思えば、

急に宇宙人がやってくるかもしれません。

 

言葉を話せないはずのペットと

会話ができるかもしれません。

 

亡くなった祖父や祖母と

会えるかもしれません。

 

猫に生まれ変わったり、

遠い銀河を宇宙旅行したりするかも

しれません。

 

あり得ないことも、夢の中ならあり得ます。

夢の中ではどんな冒険をするか

わかりません。

 

不思議な世界であり、

物語が面白く進んでいきます。

 

夢の中こそ、この世で最も不思議な世界。

移動時間は不要です。

パスポートも不要です。

旅行費用すら必要ありません。

 

床に就いて、目をつぶるだけでいい。

私たちには、不思議な世界に

いざなう能力が備わっています。

 

私たちは毎日寝ています。

 

つまり、毎日不思議な世界を

楽しんでいるのです。

 

さあ、

今日も夢の世界に行きましょう。

 

寝床は、この世で最も不思議な

世界に向かう入り口です。

 

目をつぶってしばらくすれば、

あなたはもう不思議な世界の中を

旅しているはずです。

 

#幸せ #言葉 #夢 #旅 #世界